2014年 03月 26日
OKINAWAの旅 宮古島編3
東平安名岬から、のどかな田舎道を海岸に沿って北上して、比嘉ロードパークで休憩。
ここも、断崖から絶景が広がります。
b0151286_13284025.jpg


ずっと車に揺られ、昼も過ぎていたので、街中に戻りドライブインでランチ。
宮古そばを堪能。ソーキ、テビチ、野菜炒めと、具がてんこ盛りのチャンポンみたいなソバでした。
b0151286_13304969.jpg


他にも、ゴーヤチャンプル、蛸のスミ炒め、テビチの煮付け等々、郷土料理オンパレードでオーダーしたら、
食べきれないぐらいの量で、お腹がはちきれそうになりました^^;
・・・沖縄の郷土料理は、ダメな人多いと思います。自分は殆ど大丈夫だけど、山羊汁だけはNG ^^;

ハイビスカスは、そこらじゅうに咲いてますが、自生してるのかな?
b0151286_13303892.jpg


その後、車に揺られて眠くなりながら向かった先は、池間島。
b0151286_13311422.jpg

島に掛かる橋の上から見た海の鮮やかさに、眠気が吹き飛びました。
東の沖に、大神島という離島が見えます。
ここで海面を眺めていたら、1メートルは優に超えていそうな、ダツを見つけました。

池間島から、渡ってきた橋を望む。
b0151286_13312539.jpg


ここのビーチがまたとんでもなく綺麗。正にパラダイスビーチ。
このショアで、ロッド振りたい人いるでしょ。ガーラ(オニヒラ)釣れるらしいよ ^^。
b0151286_1332911.jpg


きめの細かい砂と、珊瑚の欠片で白く輝く砂浜。
b0151286_13322590.jpg


この後、また宮古島本島に引き返し、また凄いビーチに行きました。
駐車場で、貸ビーチサンダル無料の看板がありましたが、特別気にも留めず進んだ道の先には、砂の山。
その名も砂山ビーチ。
b0151286_1334957.jpg

b0151286_1334777.jpg


此処も絶景! 正にパラダイスビーチ(またかよ)。
ここは、サーフポイントらしく、先の方に波待ちのサーファーがチラホラ。・・・波待ちだけでも気持ちよさそう。
b0151286_13344029.jpg


戻りは、さっきの砂の丘(山だな)を登るのだけど、ここでビーチサンダル貸出の意味が分かった。周りのスニーカーや革靴の人(自分も含めて)は、きめの細かい砂に足が埋もれて、中に砂は入るはでとても歩き辛い。
・・・借りときゃ良かった ^^;
b0151286_13354456.jpg


宮古島は、他にも色々廻って写真に収めましたが、帰ってきて見ると殆ど海の写真。
まぁ、それだけ綺麗な海が印象に残ったのでしょうけど、宮古島編はこのぐらいにしておきます ^^。
[PR]

by yone-photo | 2014-03-26 18:03 | 日常


<< OKINAWAの旅 最後の晩餐編      SAKURA >>