カテゴリ:FlyFishing&Item( 101 )

2014年 06月 09日
雨上がり
ここのところ、ウェーディングシューズの乾く暇がありません。
・・・干してたら、梅雨入りした途端の連日の雨で、濡らしてしまっただけなんだけど ^^;

先月、一度行った場所へ、再チャレンジ。
b0151286_10435170.jpg


ほんとは予定地ではなかったが、今迄通った事の無かった峠道を辿って、ついまた ^^;
b0151286_10441218.jpg


曇天で涼しい、釣り人いない、少し増水、でも濁りなし。虫は飛んでいないけど、好条件。

先ずは、昨夜巻いたフェザントとコパーワイヤでボディを作った、赤アント。
流心の脇から出て、フッキング後、自ら脇の水溜りに入ってくれた、一匹目。
b0151286_10452236.jpg


面倒臭かったので、さっと水気を取り、もう一度流すと、流し始めから影が現れて、フライを先回りする様に瀬尻で喰ってきたのは、良い感じの綺麗な山女魚。縦長パーマークのカッコイイやつ ^^。
b0151286_10445027.jpg


此処のプールで、あと2匹追加したけど、タイイングが甘かったのか、ハックルがほどけてグニャグニャ ^^;

上流に移動して、釣友が先日、尺物とやり取りした場所へ。
プールの下流側で様子見で叩くと、また一匹。
b0151286_12303874.jpg


更に。・・・今日は、反応良し!
b0151286_10493314.jpg


プール中ほどにある、でかい沈み石の辺りを、脇の大岩の上からそっと覗いてカディスを流すと、一発で例のヤツ(と思われる)が喰ってきました。流れを跨いで、いきなり自分の立っている大岩の下に潜り込み、グラスロッドのバットはぐわ~んと弧を描く。・・・「ひゃ~どうしよう?!」と、脇に降り暫く耐えていると、幸運にも岩の下から出て、流心の表層に出てきた。・・・なんか赤っぽい?・・・虹?
束の間、ヒットした沈み石の方へ、流心から次の筋へ移る動きを見せた瞬間、フライがフワ~と宙に舞いました。あっけない幕切れ。
同じ場所から出てきたので、居ついてるやつとは思うけど、釣友が掛けたのと同じヤツかどうかは判らない。
虹か山女魚か? バラしたので解らないまま。ただ、此処で、あまり赤い山女魚は、見かけない・・・。
と、色々考えながらも、気をとりなおし、今度は左岸側へ移動。

この日は、やる気のあるヤツが多くて、その後も好反応。
b0151286_10503249.jpg


昼過ぎには、満足してあがりました ^^。

帰りに、ばったりこの方と遭遇したのだけど、釣果はどうだったのかな?
b0151286_10515160.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-06-09 12:56 | FlyFishing&Item
2014年 06月 02日
Site Fishing
週末、以前から行ってみたかったところに、岩魚釣りに行ってみました。
この日は、軽く30℃越え。下界はかなり暑かったですが、標高1,000メートルを超えた辺りからの自然林の中は、快適でした ^^。
b0151286_1115216.jpg


入渓地点から、虫は多く、暫く眺めているとライズもチラホラ。
浅い流れの岩の横に着いてた一匹。
b0151286_1116140.jpg


可愛い岩魚 ^^。
b0151286_11264555.jpg


ちょっとしたプールには、岩魚、山女魚が混じりクルージンク゛してました。
結構大きな岩魚のライズの一発目をしくじったらそれっきりで、その後何食わぬ顔で、中層を悠々泳いでいました。

中々、サイズは上がらない~ ^^;
b0151286_11204343.jpg


同行者の釣った一匹。・・・これが、この日一番のサイズ。
b0151286_11211948.jpg


3人で入ったのだけど、其々が程々に岩魚、山女魚を釣りました。

その後、もう一寸下流に入りましたが、先ほど入った区間のように浮いてる魚が少なく、暫くして見つけた黒い影。
緩い流れの脇で、てっきり岩魚と思ってフライを流してみると、喰ってきたのは山女魚。
b0151286_11214447.jpg


岩魚ポイントっぽい所に着いてると、顔も丸くて岩魚っぽくなるの?^^。
b0151286_1123171.jpg



釣り始めが昼過ぎだったので、そう長い区間を釣ったわけではないけれど、そこそこ魚影は居ました。
始めに入ったところには、何匹か大きな影はみたけど、この日は残念ながら喰ってくれなかった。

また、行ってみたいところでした。
b0151286_1125196.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-06-02 12:54 | FlyFishing&Item
2014年 05月 19日
水清き渓へ
週末、県境近くの渓へ出かけました。
早朝、街に近い下流部から、様子を見て(下流部で、良い釣りした人の情報有)廻りましたが、反応はなく、少しずつ上流に移動しながら、目ぼしいところで2,3回竿を出しつつ、結局10時頃には上流部のポイントに着きました。
b0151286_10114761.jpg


橋の上から、暫く様子を見ていると、ライズ発見。
脇に駐車し、河原へ降りました。

何時もながら水は済みきり、冷たい!
b0151286_1011785.jpg


さっきから、付けっ放しの♯14のパラシュートタイプを試しに流すと、下からスゥ~と浮いてきたけど、見切って返る。
ライズを暫く見てると、前回の川同様、反応している虫のサイズが小さい。
このところ反応の良い♯18サイズの黒系パラシュートを流すと、一発。

綺麗な山女魚が、素直に喰ってくれました。
b0151286_10135129.jpg


好きな縦流れパーマークの山女魚。

この後も暫く、ポツポツ釣れ、河原の脇に石囲みで生簀を作って、また数匹まとめ撮りしようと活かしておいたら、思いのほか早く回復して、元気よく跳ねて流れに戻っていきました ^^;
この時の山女魚は、其々模様が違っていて、丸いパーマークも居れば、マダラのように斑点の多いヤツ、花崗岩の渓特有の白っぽいのや、逆に普通に濃い体色と、・・・放流時期や、放流した養魚の種類が区々なのか???です。

釣友と合流し、午後は支流の奥深く源流部へ。
b0151286_1014225.jpg


小滝、中滝の連続する源流を、時には高巻きしながら釣りあがると、細い流れにも山女魚は居ました。
ちょっとした滝壺では、良型の真っ赤な山女魚が釣れたのですが、抜き上げた際に足元の小さい水溜りポチャン ^^;
流れから離れた、水溜りなので探せない事もないだろうとは、思ったのだけれど、まだまだ先には良いのが良そうな気がして、スルー。・・・結局、此処から先では、それ程良いサイズは居なかった(ちゃんと、山女魚は棲んでいたけど。)

イブニングに向けて良い時間になったので、午前中に反応の良かった場所へ。
少し下流から入り、探索中の釣友。
b0151286_10182335.jpg


虫がそれ程飛んでないのか、ライズはまだ始まる気配無く、叩いて上がるものの余り芳しくない。
そんな中、釣りあがっていると、上流で釣友のロッドがぐぅっと曲がっている、暫くやり取りしているうちに、残念ながらバラしてしまった様子だったけど、あれがこの日一番のサイズだったはず。
・・・本流では、度々大物釣っている彼が、後で聞いたら「尺はあった。」って言っていました。残念!

自分はというと・・・暫く沈黙の後、漸くライズを見つけて、何とか釣って、その一匹でこの日は締めました ^^。
b0151286_10145093.jpg


小さいけど、お腹パンパン ^^。

・・・次回、行けるのは2、3週間後かな? 当面、タックルのメンテや、ロストしたフライの補充で過ごします ^^。
b0151286_1027585.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-05-19 12:24 | FlyFishing&Item
2014年 05月 07日
岩、花、水、樹・・・そして魚
年に1,2度は顔を合わせるメンバーと、花崗岩の渓での釣り。
b0151286_12395234.jpg


ダイナミックな巨岩がゴロゴロ。
b0151286_12401281.jpg


新緑に映える山桜や、ミツバツツジにアケボノツツジ。
この時期の山の釣りは、清々しく心洗われる。
b0151286_12395850.jpg

b0151286_1241962.jpg

b0151286_12415262.jpg


流れにそっと送り込んだフライに、素直に飛びつく山女魚たち。
b0151286_12415851.jpg

b0151286_1242153.jpg


このぐらいがこの日のMAXかな?!
b0151286_12431737.jpg


・・・釣ったのは、この人だけど ^^;
b0151286_1243384.jpg


少し、下流に場所を替え、暫く釣りあがると、開けた場所で定位するやつが居たり、オドリバエの下をずっと泳いで時折ライズするのが居たりと、サイトでの釣りも楽しめました。サイズは小さいものの、何より綺麗な山奥の魚 ^^。

b0151286_1245393.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-05-07 12:46 | FlyFishing&Item
2014年 04月 21日
19日
土曜日、曇天で午後は雨脚が強くなるとの予報だったので、出来るだけ移動距離が短くて、昨年は行ってない場所を考えながら、家を出る。

目指した場所は、219号から265号へ走り、1時間半ほどのとある場所。

着いてすぐ目についたのは・・・
b0151286_12332818.jpg


昨年からみたいです。
一頃、大物フィーバーで賑わった川だから、荒れた感じもしていたし、一定期間の禁漁指定は良いかも。
ついでに、河原を散歩したのですが、昨年から禁漁に入ったせいか、釣り人の痕跡(餌箱、釣具の屑、飲食物のゴミ)は、見当たりませんでした。
よく釣りあがったポイントでは、魚の姿も多数確認できました。・・・密猟者が来たら一発で終わりだけど。

引き返して、県境方面に向かい、これまた久しぶりのポイントへ。

良い流れはあり、虫もかなり飛んでいたので、暫く川辺に座って様子を見るも、ライズは無し。
適当に叩いてみると・・・居ます。 同じ流れに1.2匹は必ず。
・・・但し、みんな同じサイズ。さっきから、同じ魚を繰り返し釣ってるような錯覚起こすほど。
一応、参考までに一枚。
b0151286_12333167.jpg


こんな感じのばかり ^^;
・・・流石に飽きて、昼過ぎに納竿。

駐車した場所で、見つけたコレ。
b0151286_12372735.jpg


おそらく、タラの木と思われるのだけどここらに2.3本あり、芽はだいぶ伸びてました。大好きな山菜なのだけど、自生しているの見てもそれであるのか、自信がない。お恥ずかしいですが ^^;

この写真みて解る方、いらっしゃる?
[PR]

by yone-photo | 2014-04-21 12:39 | FlyFishing&Item
2014年 04月 16日
flies
ここ数回の釣りで、手持ちフライを大分消耗したので、久~しぶりにフライを巻きました。・・・といっても、4,5個巻いたところで、飽きちゃいましたが ^^;


先日は、♯18の半沈みCDCダンタイプが、ヒットフライだった。渇水気味でクリアな流れの場所ばかりだったので、細く小さなシルエットのフライが良かったのかも?!
但し、ライズの釣りでは使えても、叩きあがりでは、耐久性(浮力)に難ありなので、どちらでもOKの初歩的なパラシュートにした。
ボディーは8/0スレッドにコパーワイヤーのみ、スレッドカラーは黒と赤の2タイプ。
ブヨみたいな羽虫をイメージ。
b0151286_8142571.jpg


また、良い釣りできればイイな。
b0151286_8151612.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-04-16 08:15 | FlyFishing&Item
2014年 04月 15日
4月
2回目の釣り。
昨年の同じ頃に、真昼間に良い釣りをした憶えがあった川へ。
曇り空、でも寒くはなく、水は少ないが、濁りはなく、虫もチラホラ飛んでいる。
釣り人の姿はなく、川辺に降りて辺りを見ても、足跡一つない ^^。
b0151286_932571.jpg


小さいプールの奥で、ライズ発見。
♯14のコンパラダンを流すと、見に来たやつが引き返した ^^;
暫く様子を伺うと、♯18以下の小さい羽虫にライズしている。
余りないフライバリエーションの中から、サイズと色目だけは合いそうなフライに代えた途端、ヒット。
b0151286_9345350.jpg


小さな三兄弟 ^^。
b0151286_9331267.jpg


その後、ちょっと上の岩場の脇のスリットで、やる気のあるライズ発見。
・・・でも、自分には、フライを流すのが難しい流れ。
ダメ元で、流すと一発で喰ってくれた、自分の好きな、パーマークが縦長模様のヤマメ \^^/
b0151286_9353085.jpg


良い釣りができたし、雨も降りだしたのもあって、ひとまず車に戻って休憩。
・・・雑誌を読んでいるうちに、ウトウトして眠りこんじゃいました。
b0151286_936761.jpg


サイドドア開けっ放しだったので、降り込んだ雨で足元ビショビショ ^^;
[PR]

by yone-photo | 2014-04-15 12:25 | FlyFishing&Item
2014年 04月 07日
ひと月ぶりに・・・
1日の解禁から、ひと月ぶりの釣行。

花冷えで、山間部の午前中の気温は7℃。・・・冷える~^^;
b0151286_948936.jpg


山間の山桜や菜の花が、曇り空に鮮やかに映えます。
b0151286_9481265.jpg


10時を過ぎる頃から、チラチラと虫が飛び始め、緩い流れの筋や、プールでライズが始まりました ^^。
b0151286_9485276.jpg


何時もの♯16のコンパラを流すものの、見切られ反転。
この日は、18以下の小さいCDCダンの半沈みがヒットフライ。ライズポイントに流すと、すんなり喰ってくれました。
b0151286_9495999.jpg

b0151286_9501878.jpg


体色や幅の違いから、昨シーズンの稚魚の年越し(色濃い、ヤセ型) と、解禁前放流(体色薄い、丸体型)の二通りのタイプだと思われるのが釣れたけど、サイズは殆ど同じ。
b0151286_952244.jpg

b0151286_9521690.jpg


・・・まぁ、数は釣れました^^;
[PR]

by yone-photo | 2014-04-07 12:31 | FlyFishing&Item
2014年 03月 03日
2014 解禁
数年ぶりに、1日が土曜日、しかも会社は休日。
2月から釣り仲間と連絡取り合い、2連荘での釣行スケジュールを立ててました。

初日は、一人でM川へ。
現地で出会ったフライマン2人組。・・・本流のポイントまでのルートを探りながら、下って行ってます。雨降って滑り易いから、暫く様子を見守ってました。
b0151286_1033882.jpg

自分はというと、昨年良かったポイントで、ライズを探し。
11時過ぎた頃から、ポツポツと虫が出てライズがチラホラ。

適当に結んだ♯18のコンパラダンで、今年の一匹目。
b0151286_10334599.jpg

その後も反応良く、殆ど動かずに、目につくライズを易々と釣る。
b0151286_10342324.jpg

b0151286_10345147.jpg

b0151286_10352648.jpg

・・・何か反応良すぎ。・・・釣れるのは、ほぼ同サイズ。・・・何かここで、放流したばかりっぽい。
そんな気がするし、昼過ぎには、ライズも見当たらなくなったので、川から上りました。
幾つかの流れも見て回ったけど、雨脚が増してきたので、その日集まる予定の人に連絡とって移動。

2時間ほどかかって、高千穂に着き、先ずは温泉で温まり、近くのファミレスで夕食。
b0151286_10363296.jpg

道の駅に先に着いていた面々と、深夜までワイワイ。
b0151286_10433695.jpg

b0151286_10442135.jpg

b0151286_10373759.jpg

翌早朝はまだ降っていたけど、その後徐々に晴れ間も見えてきたので、各々思う先に移動。
3人で、G川本流では竿は出さずに、初めていく支流目指して、狭い山道をぐんぐん上ると、そこはまだ路肩に雪の残る山村。・・・ちょっと、下から釣りあがるも反応するのは、昨日より小さいチビッ子ばかり。
b0151286_1045185.jpg

午前中に納竿、解散となりました。
お疲れさんでした~。
[PR]

by yone-photo | 2014-03-03 12:57 | FlyFishing&Item
2014年 01月 15日
KEBARIS which arrived from France
FBで友達になったTenkara Normandie Christopheことクリストフから、送られてきた毛バリ。
ある時、「Hello Tomonari-san! If you would like to recieve some of these flies, you can send me your address!」ときたもんだから、アドレス送ったら本当に送ってきてくれた。

b0151286_9383651.jpg


b0151286_9392312.jpg


「この毛バリを気に入ってくれて、これらで沢山の魚を釣ってくれるといいな。」そんなメッセージが添えられていたので、使わないとな。

・・・テンカラ風に、ピンピンとポイントに打ち込む?
[PR]

by yone-photo | 2014-01-15 12:27 | FlyFishing&Item