カテゴリ:OutDoor&Item( 73 )

2015年 08月 19日
Hexa plate
某ODショップが企画して、とある鉄工職人が製作した、ソロ用鉄板焼プレート(^ ^)
b0151286_09585360.jpg
特徴は、名前の通り「六角形」
自分の名前の、刻印も入れて貰いました。
これも、ジーパンのカットした裾を利用して、カバーに(^ ^)
b0151286_10034212.jpg

[PR]

by yone-photo | 2015-08-19 09:55 | OutDoor&Item
2015年 08月 18日
LODGE スキレット6 1/2インチ
諸事情があり、5か月ぶりのアップです。
5インチ持っていたけど、余りに小さ過ぎ(^ ^)
買い直し。
格安だったので、今度は蓋もセットで購入。
b0151286_16065891.jpg
ジーパンをカットオフして、要らなくなった裾を利用して、カバーも作ってみました。
学校で、裁縫を習い始めた娘が、袋縫いで仕上げてくれました (^ ^)
b0151286_16113275.jpg
下手くそなステンシルは、自作^_^

[PR]

by yone-photo | 2015-08-18 19:02 | OutDoor&Item
2014年 10月 20日
大崩 りんどうの丘まで
紅葉には少し早いかもしれないが、それでも岩峯の眺望を見たいと思い、久しぶりに大崩山へ行きました。
久しぶりなので、足慣らしという事で、りんどうの丘までのピストン。
足慣らしとはいえ、友人はまさかのサンダル?!・・・いくらアウトドア用とはいえ、無謀^^;
b0151286_1704865.jpg


登山口から2時間ほどで、坊主岩(米塚)を望む所まで。
写真の上部に写っているのはガス(霧)。この1,000メートルを越える辺りから、ガスが濃くなってきました。
b0151286_17354.jpg


連続する梯子場。・・・この日は登山者も少なく、割と楽に通過 ^^。
b0151286_1741013.jpg


しかし、久しぶりのコースで、痛恨のミス。りんどうの丘を目指すはずが、山頂ルートへ進路をとっていました。途中で気づきワク塚コースから迂回して、小一時間のロス ^^;

目的地に着いたところで、濃いガスが立ち込め、望みの眺望はゼロ。
b0151286_1752399.jpg


それはそれという事で、気をとりなおし、お湯を沸かして一寸遅めのランチタイム。
b0151286_1745053.jpg


のんびりしていたら、谷から吹き上げる風が霧を吹き払い、一瞬だけワク塚の姿をみせてくれたのですが、
カメラを構えたときには、コレ ^^;
b0151286_1763836.jpg


すっかり遅くなり、3時を回っていたので下山開始。・・・時々、立ち止まってこんなの撮ったりしながら。
b0151286_1771058.jpg


象岩のトラバースあたりに降りてきた頃に、登山時にガスで見えなかった小積ダキの姿と、下界の風景が眺められました。
b0151286_1785187.jpg

b0151286_1772913.jpg

いつも釣り上がる源流部は、はるか下に細い筋になって見えます ^^。
b0151286_1783936.jpg


岩場の庭園。
b0151286_1710418.jpg


上でゆっくりし過ぎて、登山口に戻った時には、辺りは薄暗く、更に遅れて歩いていたサンダルマンの友人がちと心配でしたが、しっかりヘッドランプを灯して下山してきました。

さて、次回はどこへ。
[PR]

by yone-photo | 2014-10-20 19:41 | OutDoor&Item
2014年 06月 26日
PRIMUS EX-3240B
b0151286_8212255.jpg


探した。待った。やっと見つけた。・・・しかも、デッドストック。即決で、買いました ^^。

発売当時は、PRIMUSを扱う店舗には、大抵置いてあったみたいだけど、
自分の住んでいる地域で見かけるのは、でかい2257や、小さい2245ぐらい。
こういう、特別なシリーズは廻ってこない ^^;

ランタン自体は、一つ小さい3230でも良かったけど、自分の拘ったのは、数字の後の「B」!
真鍮(Brass)のB!

b0151286_8221387.jpg

真鍮独特のマットな輝きと、使っていくうちに変化する色合いが、好きなのです。

b0151286_8225995.jpg


長いこと、ヤフオクでアラートかけていたのだけど、出物はジャンク品か、BでなくS(シルバーかステンレスのS)シリーズが多く、中々思うような物に出会えない。
たまに程度の良いのが出ても、出品時からバカ高い値段。

・・・とはいえ、今回は思い切って、結構払っちゃったけど ^^;

マントル火入れ儀式を行い・・・
b0151286_8234710.jpg


ガスランタンとは思えないほど、静か。シュ~シュ~音が殆ど聞こえない ^^。

あぁ、キャンプしたいなぁ。
[PR]

by yone-photo | 2014-06-26 12:20 | OutDoor&Item
2014年 02月 19日
BYER Pangean
生産国がベトナムに変わって、再開したBYER。

b0151286_9113418.jpg


堅木でしっかりした作りは、流石のBYER ^^。

b0151286_9135043.jpg


ローテーブルよりは、足が長く天板がちょっと高め位置になるフォールディングテーブル。
キャンプやピクニックの、ちょっとした場面に使い勝手は良いのかなと思って購入したけど、部屋使いでもしっくりくるので、今は自分用のチェアのサイドテーブルとして使っています ^^;
[PR]

by yone-photo | 2014-02-19 12:33 | OutDoor&Item
2013年 10月 22日
dramatic tone
長者原や三股山付近の風景に、エフェクトかけてみた。

b0151286_917415.jpg
b0151286_9172498.jpg
b0151286_91764.jpg
b0151286_9175198.jpg
b0151286_9175351.jpg
b0151286_91931.jpg


絵画的。
[PR]

by yone-photo | 2013-10-22 12:30 | OutDoor&Item
2013年 10月 21日
久住山系トレッキング
久しぶりの久住登山を計画して早朝に出発、現地に着いたら生憎の雨風。
暫く、車内で待機していたが、チビ達は痺れを切らして、外へ飛び出しウロウロ。
長者原ビジターセンター内を見学したり、アトラクションのスタンプラリーをして過ごす。

b0151286_10404881.jpg


b0151286_10412684.jpg


デッキのテーブルを借りて、昼食をとっていたら、漸く雨も止み、雲が流れて、陽がさしてきた。

b0151286_1042215.jpg


一寸遅めだけど、先ずはスガモリ越えを目指して、出発。
チビ達は、道脇の落ち葉やどんぐりを拾いながら歩くので、かなりのスローペース。
大曲りコースの合流点を過ぎるのに、一時間。下山者とすれ違うのが多くなってきた。

b0151286_10432722.jpg
b0151286_10431864.jpg


もうじきスガモリ越えの岩場という所から、凄い突風に煽られだした。・・・時間は4時過ぎ。
・・・ここでタイムアップ。
登山というより、自然林や薄原のトレッキングでした。
[PR]

by yone-photo | 2013-10-21 12:44 | OutDoor&Item
2013年 06月 11日
ALITE MAYFLY CHAIR
メイフライってネーミングも心を擽り、買ったのだ。

おぉ~! コンパクト。 これはバックパックに詰め込んでも、邪魔にはならない。

b0151286_985190.jpg


先に出ているモナークやマンティスの合体というか、良いとこ取り。 ポジションは、先の2つより座面が低く
クレイジークリークのヘクサライトなんかの座椅子に近い。

b0151286_99075.jpg


取敢えず、車の荷室に転がしとこう。
[PR]

by yone-photo | 2013-06-11 12:21 | OutDoor&Item
2013年 05月 13日
deuter kid comfort Ⅱ
夫婦二人の頃は、九州各地の山を歩いたり、キャンプするのが当時の趣味で、その後上の子が生まれ、漸く歩けるようになった頃、また山歩きを復活させることになった。
とはいえ、デコボコの山道を歩かせるのには早すぎるので、暫くは自分が背負って行くことになり、そういう背負子系のザックを探していて、行き着いたのがコレ。

b0151286_1554469.jpg


7.8年前は、そんなに種類は無く、これとモンベルぐらいだったと思う。・・・今は、各社から、軽くて背負い易そうなのが次々出てきて、選択肢増えてますねぇ。

今や二人の子供は、背負わなくてもある程度の山道は、歩けるようになったので(というか、もうこれでは背負えない)、お蔵入りしておりましたが、何処かで活躍させた方が良いだろうという事で、得意のヤフオクに出しました。
・・・落札された貴方! どんどん使ってやってください。

b0151286_15533583.jpg


この頃が懐かしい。・・・この写真は、数年前の下のチビです。
[PR]

by yone-photo | 2013-05-13 20:31 | OutDoor&Item
2013年 05月 10日
BioLite
長らく、倉庫に保管したままだったので、今回のキャンプに持ち出した。
買った当初は、自宅の庭先ででも実験しようかなと思ったりもしたけど、キャンプシーンなんかで使わないと
気分出ないし・・・ね ^^。


b0151286_9291371.jpg


電動ファンが回って燃焼を助け、その火力で発電し、内蔵バッテリーが十分充電されると、余剰電力で携帯電話などが充電できるというもの。・・・発電してファンを動かし、燃焼効率を高めるのがメイン。
ネイチャーストーブのハイテク版(笑)。

b0151286_9295368.jpg


これがいやはや、発火も早く、火力も強いのでないの! 燃焼力が高いから殆ど煙や煤が出ないし・・。
湯沸しや調理に、十分使えるでね。

・・・これを囲んで、いいオッチャン達が火遊びして喜んでおりました ^^。

 
[PR]

by yone-photo | 2013-05-10 12:29 | OutDoor&Item