タグ:XF18mmF2 R ( 37 ) タグの人気記事

2014年 10月 20日
大崩 りんどうの丘まで
紅葉には少し早いかもしれないが、それでも岩峯の眺望を見たいと思い、久しぶりに大崩山へ行きました。
久しぶりなので、足慣らしという事で、りんどうの丘までのピストン。
足慣らしとはいえ、友人はまさかのサンダル?!・・・いくらアウトドア用とはいえ、無謀^^;
b0151286_1704865.jpg


登山口から2時間ほどで、坊主岩(米塚)を望む所まで。
写真の上部に写っているのはガス(霧)。この1,000メートルを越える辺りから、ガスが濃くなってきました。
b0151286_17354.jpg


連続する梯子場。・・・この日は登山者も少なく、割と楽に通過 ^^。
b0151286_1741013.jpg


しかし、久しぶりのコースで、痛恨のミス。りんどうの丘を目指すはずが、山頂ルートへ進路をとっていました。途中で気づきワク塚コースから迂回して、小一時間のロス ^^;

目的地に着いたところで、濃いガスが立ち込め、望みの眺望はゼロ。
b0151286_1752399.jpg


それはそれという事で、気をとりなおし、お湯を沸かして一寸遅めのランチタイム。
b0151286_1745053.jpg


のんびりしていたら、谷から吹き上げる風が霧を吹き払い、一瞬だけワク塚の姿をみせてくれたのですが、
カメラを構えたときには、コレ ^^;
b0151286_1763836.jpg


すっかり遅くなり、3時を回っていたので下山開始。・・・時々、立ち止まってこんなの撮ったりしながら。
b0151286_1771058.jpg


象岩のトラバースあたりに降りてきた頃に、登山時にガスで見えなかった小積ダキの姿と、下界の風景が眺められました。
b0151286_1785187.jpg

b0151286_1772913.jpg

いつも釣り上がる源流部は、はるか下に細い筋になって見えます ^^。
b0151286_1783936.jpg


岩場の庭園。
b0151286_1710418.jpg


上でゆっくりし過ぎて、登山口に戻った時には、辺りは薄暗く、更に遅れて歩いていたサンダルマンの友人がちと心配でしたが、しっかりヘッドランプを灯して下山してきました。

さて、次回はどこへ。
[PR]

by yone-photo | 2014-10-20 19:41 | OutDoor&Item
2014年 09月 24日
雨上がり
2週続けて、モッチーさんと釣行 ^^。

雨上がりの山里。
b0151286_958444.jpg


昨夜の小雨の滲みる、緑紅葉と彼岸花。
b0151286_9592745.jpg
b0151286_1003422.jpg


そんな所で、ゆっくり楽しみました。
b0151286_101253.jpg

b0151286_1014420.jpg

5.6月に調子の良かった場所では、モッチーさんが早々にロッドを撓らせ、意外な一匹。・・・ここで見るのは初めて ^^;
その上の瀬でも、数匹確認できました。・・・今後、この川どうなるの?(モッチーさんのFBかBLOGでチェック)

もう一匹のライズの主は、小さいけど綺麗な秋山女魚。この日、写真に収めたのはこの一匹のみ。
あとは、サイズダウンするばかり ^^;
b0151286_102679.jpg



支流や、本流の上流部へと移動しましたが、チビばかり・・・本流上流部は、ほぼ沈黙。釣り堀跡に虹でものこっているかと思いましたが、影も無く・・・
b0151286_103196.jpg

b0151286_1033223.jpg

沈黙の上流部に移動する前に、モッチーさんは、先週に引き続き見事な一匹を釣りあげました。(FBかBLOGでチェック)。

お昼には引き揚げ、温泉に浸かり一休み。
b0151286_1043898.jpg

アイスを欲張るオッサン ^^。
b0151286_1052994.jpg

・・・230キロの道程を帰るモッチーさん、お疲れさんでした。・・・釣れたからイイよね(笑)。
[PR]

by yone-photo | 2014-09-24 12:35 | FlyFishing&Item
2014年 08月 11日
beach glassを探しに・・・栄松ビーチへ
台風一過、晴れ渡ったものの、海はまだ波は高く、遊泳は厳しい感じ。
波の影響の少ない、小さな入り江を探して、県南へ車を走らせました。
入江になっていても、外海に直接面した東海岸は波が高く、そこで思いついたのは、今から26~7年前
ダイビングで度々訪れた、南郷の栄松。
沖には、小島が点在していて、波も穏やかな小さな入り江のビーチ。

昔、ここに潜るのに、県北の日向のショップでボンベを積み込み、片道130キロ近く走って、ここで潜ってはまた、日向まで走る一日。
・・・あの頃は、凄い情熱と体力でした(笑)。

久しぶりに訪れたビーチは、駐車場もビーチサイドも綺麗に整備されているものの、景色はあの頃のまま。
b0151286_13285959.jpg


沖にある島々のお蔭で、風も波も穏やかでした。

チビたちと、早速海岸に降りて、、綺麗な貝殻や珊瑚の欠片、本命のビーチグラスを拾うのに、結構夢中になって歩き回りました。
b0151286_13301121.jpg


小一時間ほど、うろついた成果?!
b0151286_13304331.jpg

今回、小さいのは綺麗に角が取れて良い感じのが、多数拾えました。

・・・翌月曜は、早朝出勤だというのに、夕方まで、波打ち際で遊んで、日暮前に帰途につきました。
b0151286_13301885.jpg

今の家から、片道72.3キロ。程よいドライブコースです。県南は海岸線を走るので、気持ちいいしね。
[PR]

by yone-photo | 2014-08-11 19:06 | 日常
2014年 07月 24日
Panasonic ワイヤレススピーカー
薄型テレビになってから、どうも音声が聴き取りずらい。
最近、耳が遠くなったのか?
聴こえないからと、ボリューム上げると、家族に煩さがられるし・・・^^;
そんな爺さん耳になってしまった(のか?)僕は、これを買いました。
b0151286_10221592.jpg


ジジイになっても、デザインには拘りたい^^。

b0151286_1023485.jpg


これからは、手元、いや耳元から離せんなぁ ^^。
[PR]

by yone-photo | 2014-07-24 12:26 | GOODS
2014年 07月 07日
Headwaters
土曜日は、岩魚釣りに源流へ。
b0151286_11233838.jpg


前日までの雨で増水していたので、結構スリリングな遡行でした ^^;
b0151286_112571.jpg


友人はルアー、自分はドライフライで釣りあがる。

流れの脇の垂水や、ゆるい反転流を岩魚狙いで流すと、喰ってくるのは山女魚。
痩せて泳ぐ体力ないのか、こんなのが数匹。
b0151286_11253252.jpg


b0151286_11255490.jpg


流心や、瀬尻の肩で喰ってきたのは、岩魚。・・・↑の山女魚と顔がソックリ ^^。
b0151286_11273410.jpg


b0151286_11281495.jpg


セオリーを無視した、此処の魚たち。
面白い経験をしました。・・・但し、今回もデカ岩魚には出会えず ^^;
[PR]

by yone-photo | 2014-07-07 12:30 | FlyFishing&Item
2014年 06月 09日
雨上がり
ここのところ、ウェーディングシューズの乾く暇がありません。
・・・干してたら、梅雨入りした途端の連日の雨で、濡らしてしまっただけなんだけど ^^;

先月、一度行った場所へ、再チャレンジ。
b0151286_10435170.jpg


ほんとは予定地ではなかったが、今迄通った事の無かった峠道を辿って、ついまた ^^;
b0151286_10441218.jpg


曇天で涼しい、釣り人いない、少し増水、でも濁りなし。虫は飛んでいないけど、好条件。

先ずは、昨夜巻いたフェザントとコパーワイヤでボディを作った、赤アント。
流心の脇から出て、フッキング後、自ら脇の水溜りに入ってくれた、一匹目。
b0151286_10452236.jpg


面倒臭かったので、さっと水気を取り、もう一度流すと、流し始めから影が現れて、フライを先回りする様に瀬尻で喰ってきたのは、良い感じの綺麗な山女魚。縦長パーマークのカッコイイやつ ^^。
b0151286_10445027.jpg


此処のプールで、あと2匹追加したけど、タイイングが甘かったのか、ハックルがほどけてグニャグニャ ^^;

上流に移動して、釣友が先日、尺物とやり取りした場所へ。
プールの下流側で様子見で叩くと、また一匹。
b0151286_12303874.jpg


更に。・・・今日は、反応良し!
b0151286_10493314.jpg


プール中ほどにある、でかい沈み石の辺りを、脇の大岩の上からそっと覗いてカディスを流すと、一発で例のヤツ(と思われる)が喰ってきました。流れを跨いで、いきなり自分の立っている大岩の下に潜り込み、グラスロッドのバットはぐわ~んと弧を描く。・・・「ひゃ~どうしよう?!」と、脇に降り暫く耐えていると、幸運にも岩の下から出て、流心の表層に出てきた。・・・なんか赤っぽい?・・・虹?
束の間、ヒットした沈み石の方へ、流心から次の筋へ移る動きを見せた瞬間、フライがフワ~と宙に舞いました。あっけない幕切れ。
同じ場所から出てきたので、居ついてるやつとは思うけど、釣友が掛けたのと同じヤツかどうかは判らない。
虹か山女魚か? バラしたので解らないまま。ただ、此処で、あまり赤い山女魚は、見かけない・・・。
と、色々考えながらも、気をとりなおし、今度は左岸側へ移動。

この日は、やる気のあるヤツが多くて、その後も好反応。
b0151286_10503249.jpg


昼過ぎには、満足してあがりました ^^。

帰りに、ばったりこの方と遭遇したのだけど、釣果はどうだったのかな?
b0151286_10515160.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-06-09 12:56 | FlyFishing&Item
2014年 04月 07日
ひと月ぶりに・・・
1日の解禁から、ひと月ぶりの釣行。

花冷えで、山間部の午前中の気温は7℃。・・・冷える~^^;
b0151286_948936.jpg


山間の山桜や菜の花が、曇り空に鮮やかに映えます。
b0151286_9481265.jpg


10時を過ぎる頃から、チラチラと虫が飛び始め、緩い流れの筋や、プールでライズが始まりました ^^。
b0151286_9485276.jpg


何時もの♯16のコンパラを流すものの、見切られ反転。
この日は、18以下の小さいCDCダンの半沈みがヒットフライ。ライズポイントに流すと、すんなり喰ってくれました。
b0151286_9495999.jpg

b0151286_9501878.jpg


体色や幅の違いから、昨シーズンの稚魚の年越し(色濃い、ヤセ型) と、解禁前放流(体色薄い、丸体型)の二通りのタイプだと思われるのが釣れたけど、サイズは殆ど同じ。
b0151286_952244.jpg

b0151286_9521690.jpg


・・・まぁ、数は釣れました^^;
[PR]

by yone-photo | 2014-04-07 12:31 | FlyFishing&Item
2014年 03月 27日
OKINAWAの旅 最後の晩餐編
宮古島から本島へ戻った夜は、那覇市内のとある場所にある「 隠れ家風ビストロ Coco Romance(興味ある人はgoogleで検索してみて下さい。) 」という所で、夕食会。

見た目凄くボロい民家 ^^; ビルの谷間にひっそりと有ります。
b0151286_13391123.jpg


しかし、玄関の扉の向こうは、お洒落な空間が広がっていました。外観とのギャップが凄い。・・・そういう狙いでしょうね。
b0151286_13385975.jpg
b0151286_13395887.jpg


コース料理でしたが、どれも美味しくいただきました ^^。
b0151286_13402444.jpg

b0151286_13404664.jpg

b0151286_1341967.jpg

ビール、ワイン、泡盛等々、この夜は、結構飲んだなぁ ^^;
b0151286_13411244.jpg


翌日は、都合で福岡経由で帰らなければならなく、5時過ぎには空港へ向いました。
まだまだ外は暗い。
b0151286_13423021.jpg


空港は売店もまだ開店準備中、人も疎らで寂しいターミナル。
b0151286_1343074.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-03-27 19:25 | 日常
2014年 03月 26日
OKINAWAの旅 宮古島編3
東平安名岬から、のどかな田舎道を海岸に沿って北上して、比嘉ロードパークで休憩。
ここも、断崖から絶景が広がります。
b0151286_13284025.jpg


ずっと車に揺られ、昼も過ぎていたので、街中に戻りドライブインでランチ。
宮古そばを堪能。ソーキ、テビチ、野菜炒めと、具がてんこ盛りのチャンポンみたいなソバでした。
b0151286_13304969.jpg


他にも、ゴーヤチャンプル、蛸のスミ炒め、テビチの煮付け等々、郷土料理オンパレードでオーダーしたら、
食べきれないぐらいの量で、お腹がはちきれそうになりました^^;
・・・沖縄の郷土料理は、ダメな人多いと思います。自分は殆ど大丈夫だけど、山羊汁だけはNG ^^;

ハイビスカスは、そこらじゅうに咲いてますが、自生してるのかな?
b0151286_13303892.jpg


その後、車に揺られて眠くなりながら向かった先は、池間島。
b0151286_13311422.jpg

島に掛かる橋の上から見た海の鮮やかさに、眠気が吹き飛びました。
東の沖に、大神島という離島が見えます。
ここで海面を眺めていたら、1メートルは優に超えていそうな、ダツを見つけました。

池間島から、渡ってきた橋を望む。
b0151286_13312539.jpg


ここのビーチがまたとんでもなく綺麗。正にパラダイスビーチ。
このショアで、ロッド振りたい人いるでしょ。ガーラ(オニヒラ)釣れるらしいよ ^^。
b0151286_1332911.jpg


きめの細かい砂と、珊瑚の欠片で白く輝く砂浜。
b0151286_13322590.jpg


この後、また宮古島本島に引き返し、また凄いビーチに行きました。
駐車場で、貸ビーチサンダル無料の看板がありましたが、特別気にも留めず進んだ道の先には、砂の山。
その名も砂山ビーチ。
b0151286_1334957.jpg

b0151286_1334777.jpg


此処も絶景! 正にパラダイスビーチ(またかよ)。
ここは、サーフポイントらしく、先の方に波待ちのサーファーがチラホラ。・・・波待ちだけでも気持ちよさそう。
b0151286_13344029.jpg


戻りは、さっきの砂の丘(山だな)を登るのだけど、ここでビーチサンダル貸出の意味が分かった。周りのスニーカーや革靴の人(自分も含めて)は、きめの細かい砂に足が埋もれて、中に砂は入るはでとても歩き辛い。
・・・借りときゃ良かった ^^;
b0151286_13354456.jpg


宮古島は、他にも色々廻って写真に収めましたが、帰ってきて見ると殆ど海の写真。
まぁ、それだけ綺麗な海が印象に残ったのでしょうけど、宮古島編はこのぐらいにしておきます ^^。
[PR]

by yone-photo | 2014-03-26 18:03 | 日常
2014年 03月 24日
OKINAWAの旅 宮古島編2
ドイツ村を出て、海沿いの道を東に走らせ、向った先は「東平安名岬。」
道路沿いには「アダンの木」が、沢山自生していました。・・・木の実は、オレンジ色に熟すと食べ時だそうで、甘く美味しいらしいです。特にヤシガニの好物らしく、夜にこの木の周りに集まってくるらしいですが、ヤシガニのほうが美味そうな
b0151286_9514098.jpg


東平安名岬。
b0151286_9555869.jpg


波に削られた奇岩(珊瑚?)が点在していて、干潮時にはこんな景色が広がります。

b0151286_9562829.jpg


ちょっと、北上した場所からみた岬周辺。
切り立った断崖です。
b0151286_9565720.jpg


遊歩道の脇に、無人の飲料水販売所。・・・いいなぁ、誰も盗まないんだろうね^^。
b0151286_958365.jpg


まだ、続く・・・
[PR]

by yone-photo | 2014-03-24 12:41 | 日常