タグ:iPhone ( 22 ) タグの人気記事

2016年 05月 23日
2016シーズン
半年以上ぶりの更新です(^ ^)。
今年は、体調を崩す事無く春を迎えました。…思えば1年前は、ベッドの上(~_~;)

今シーズン、月1、2回ペースで、釣りに行っています。
相変わらず、渓流志向で、春先から山奥ばかり(^ ^)。3月初めだけ、本流のライズ待ちやりましたが、殆ど一日中、川べりで読書でした。
b0151286_11390734.jpeg
その後は、通い慣れた溪で、可愛い山女魚に相手して貰っています。
b0151286_11420903.jpeg
b0151286_11422946.jpeg
b0151286_11425326.jpeg
b0151286_11431786.jpeg

[PR]

by yone-photo | 2016-05-23 11:30
2015年 09月 24日
BE-PAL MEAT CAMP in えびの
参加してきました。
先月、雑誌をパラパラめくって、目に止まったページのイベントに応募。〆切りギリギリだったけど、案内通知が届きました。
b0151286_09302047.jpeg
矢岳高原ベルトンオートキャンプ場は、初めての場所。
b0151286_09305462.jpeg
晴天に恵まれ、眺望は最高 (^ ^)
b0151286_09403658.jpeg
今回は、BIG AGNESのテント。設営簡単。
b0151286_09431264.jpeg
玄関マットが、可愛い (^ ^)

さてさて、ランチは、BE-PALオフィシャル(笑)ホットドッグを頂きました。旨っ!
b0151286_09461288.jpeg
b0151286_09464316.jpeg
午後は、クラフト教室で、鹿革のミニミトンや、竹箸作りに挑戦したり、参加者全員で、ディナーメニューの下ごしらえをやったり…
b0151286_09501887.jpeg

b0151286_09510000.jpeg
MEAT CAMPと言うだけあって、牛、豚、鶏肉のオンパレード (^^)
我が家族は、スペアリブとハンバーグ作り班。
b0151286_09530970.jpeg
b0151286_09534176.jpeg
ハンバーグ100食分、焼きます。
b0151286_09543292.jpeg
b0151286_10042466.jpeg
スペアリブが焼ける匂いで、頭の中は、ビール!ビール!…飲めないのに ~_~;
b0151286_10071710.jpeg
別グループは、鶏肉料理。タンドリーチキンとフリフリチキンを、ちょっと試食しましたが、試食で収まらなくなりそうなので、セーブ!(^^)
b0151286_10033757.jpeg
下ごしらえ終えたら、夕方まで散歩したり、持って行ったフライングディスクで遊んだり…
b0151286_10121440.jpeg
確りお腹を減らして、ミートディナー開始 !
A5級 宮崎牛の肉!…しっかり、頂きました。旨っ (^ ^)
b0151286_10102761.jpeg

b0151286_10130334.jpeg
b0151286_10132580.jpeg

陽が落ちて、ランタンの灯りの中で、アウトドアディナーは、最高だよね。
b0151286_10144952.jpeg
b0151286_10154540.jpeg

寒くなって、焚き火で、マシュマロ焼く。チビ達は、面白がって炙って、ドロドロ (^ ^)
b0151286_10194189.jpeg
b0151286_10200421.jpeg

楽しい一日過ごしたせいか、お開き前に皆んなぐったりして、テントに引き揚げました (^ ^)
b0151286_10243547.jpeg
暫く、肉はいいや…(≧∇≦)

[PR]

by yone-photo | 2015-09-24 12:21 | OutDoor&Item
2014年 10月 20日
大崩 りんどうの丘まで
紅葉には少し早いかもしれないが、それでも岩峯の眺望を見たいと思い、久しぶりに大崩山へ行きました。
久しぶりなので、足慣らしという事で、りんどうの丘までのピストン。
足慣らしとはいえ、友人はまさかのサンダル?!・・・いくらアウトドア用とはいえ、無謀^^;
b0151286_1704865.jpg


登山口から2時間ほどで、坊主岩(米塚)を望む所まで。
写真の上部に写っているのはガス(霧)。この1,000メートルを越える辺りから、ガスが濃くなってきました。
b0151286_17354.jpg


連続する梯子場。・・・この日は登山者も少なく、割と楽に通過 ^^。
b0151286_1741013.jpg


しかし、久しぶりのコースで、痛恨のミス。りんどうの丘を目指すはずが、山頂ルートへ進路をとっていました。途中で気づきワク塚コースから迂回して、小一時間のロス ^^;

目的地に着いたところで、濃いガスが立ち込め、望みの眺望はゼロ。
b0151286_1752399.jpg


それはそれという事で、気をとりなおし、お湯を沸かして一寸遅めのランチタイム。
b0151286_1745053.jpg


のんびりしていたら、谷から吹き上げる風が霧を吹き払い、一瞬だけワク塚の姿をみせてくれたのですが、
カメラを構えたときには、コレ ^^;
b0151286_1763836.jpg


すっかり遅くなり、3時を回っていたので下山開始。・・・時々、立ち止まってこんなの撮ったりしながら。
b0151286_1771058.jpg


象岩のトラバースあたりに降りてきた頃に、登山時にガスで見えなかった小積ダキの姿と、下界の風景が眺められました。
b0151286_1785187.jpg

b0151286_1772913.jpg

いつも釣り上がる源流部は、はるか下に細い筋になって見えます ^^。
b0151286_1783936.jpg


岩場の庭園。
b0151286_1710418.jpg


上でゆっくりし過ぎて、登山口に戻った時には、辺りは薄暗く、更に遅れて歩いていたサンダルマンの友人がちと心配でしたが、しっかりヘッドランプを灯して下山してきました。

さて、次回はどこへ。
[PR]

by yone-photo | 2014-10-20 19:41 | OutDoor&Item
2014年 09月 24日
雨上がり
2週続けて、モッチーさんと釣行 ^^。

雨上がりの山里。
b0151286_958444.jpg


昨夜の小雨の滲みる、緑紅葉と彼岸花。
b0151286_9592745.jpg
b0151286_1003422.jpg


そんな所で、ゆっくり楽しみました。
b0151286_101253.jpg

b0151286_1014420.jpg

5.6月に調子の良かった場所では、モッチーさんが早々にロッドを撓らせ、意外な一匹。・・・ここで見るのは初めて ^^;
その上の瀬でも、数匹確認できました。・・・今後、この川どうなるの?(モッチーさんのFBかBLOGでチェック)

もう一匹のライズの主は、小さいけど綺麗な秋山女魚。この日、写真に収めたのはこの一匹のみ。
あとは、サイズダウンするばかり ^^;
b0151286_102679.jpg



支流や、本流の上流部へと移動しましたが、チビばかり・・・本流上流部は、ほぼ沈黙。釣り堀跡に虹でものこっているかと思いましたが、影も無く・・・
b0151286_103196.jpg

b0151286_1033223.jpg

沈黙の上流部に移動する前に、モッチーさんは、先週に引き続き見事な一匹を釣りあげました。(FBかBLOGでチェック)。

お昼には引き揚げ、温泉に浸かり一休み。
b0151286_1043898.jpg

アイスを欲張るオッサン ^^。
b0151286_1052994.jpg

・・・230キロの道程を帰るモッチーさん、お疲れさんでした。・・・釣れたからイイよね(笑)。
[PR]

by yone-photo | 2014-09-24 12:35 | FlyFishing&Item
2014年 09月 16日
久しぶりの・・・
日の出前に家を出で、向った先はGW以来の花崗岩の源流部。
b0151286_107167.jpg


GW以来のモッチーさんと ^^。
b0151286_1074171.jpg
b0151286_1081376.jpg


頻繁に人が入っているのか? 以前より反応は渋く、浮いてる魚も見当たりません。
b0151286_1012582.jpg

なんとか数匹。・・・小さいけど、美人の山女魚たち。
b0151286_1011818.jpg

b0151286_10132936.jpg


脱渓前の最後の堰堤の上に立って振り返ると、モッチーさんがロッドを撓らせています。
おぉこれは、良型かも?!
・・・この源流部にしては、まずまずのサイズを釣り上げていました。水の少ない堰堤の際の石の下に隠れていたみたいです。
二匹目のどじょうならぬ山女魚を狙って、自分も反対側の際を流すと、一投目に出てきました(驚)。
走らせず、ゆっくり抜き上げて無事キャッチ ^^。

二匹仲良くツーショット!
b0151286_101345100.jpg


この後、直ぐ横の沈み石の際を流すと、「モワッ」と大きな口が!・・・しっかり咥えたと思って、合わせるとすっぽ抜け! 3匹目ならず ^^;

更に上に移動するも、反応は芳しくなく、里に下りました。

午後、前日入った人が、ハヤしか釣れないと言っていた流れで、モッチーさんが見事に本流タイプの
逞しい山女魚を釣りあげました(BLOGかFBにアップするはず)。・・・此処でも、二匹目を狙ったら、嘘みたいに出ました。・・・但し、午前中の三匹目と同様にグッとかかった後にすっぽ抜け!・・・グッという感覚だけが手元に残って・・・^^;

さぁ、禁漁間近、来週も行きますよ~
[PR]

by yone-photo | 2014-09-16 12:36 | FlyFishing&Item
2014年 06月 09日
雨上がり
ここのところ、ウェーディングシューズの乾く暇がありません。
・・・干してたら、梅雨入りした途端の連日の雨で、濡らしてしまっただけなんだけど ^^;

先月、一度行った場所へ、再チャレンジ。
b0151286_10435170.jpg


ほんとは予定地ではなかったが、今迄通った事の無かった峠道を辿って、ついまた ^^;
b0151286_10441218.jpg


曇天で涼しい、釣り人いない、少し増水、でも濁りなし。虫は飛んでいないけど、好条件。

先ずは、昨夜巻いたフェザントとコパーワイヤでボディを作った、赤アント。
流心の脇から出て、フッキング後、自ら脇の水溜りに入ってくれた、一匹目。
b0151286_10452236.jpg


面倒臭かったので、さっと水気を取り、もう一度流すと、流し始めから影が現れて、フライを先回りする様に瀬尻で喰ってきたのは、良い感じの綺麗な山女魚。縦長パーマークのカッコイイやつ ^^。
b0151286_10445027.jpg


此処のプールで、あと2匹追加したけど、タイイングが甘かったのか、ハックルがほどけてグニャグニャ ^^;

上流に移動して、釣友が先日、尺物とやり取りした場所へ。
プールの下流側で様子見で叩くと、また一匹。
b0151286_12303874.jpg


更に。・・・今日は、反応良し!
b0151286_10493314.jpg


プール中ほどにある、でかい沈み石の辺りを、脇の大岩の上からそっと覗いてカディスを流すと、一発で例のヤツ(と思われる)が喰ってきました。流れを跨いで、いきなり自分の立っている大岩の下に潜り込み、グラスロッドのバットはぐわ~んと弧を描く。・・・「ひゃ~どうしよう?!」と、脇に降り暫く耐えていると、幸運にも岩の下から出て、流心の表層に出てきた。・・・なんか赤っぽい?・・・虹?
束の間、ヒットした沈み石の方へ、流心から次の筋へ移る動きを見せた瞬間、フライがフワ~と宙に舞いました。あっけない幕切れ。
同じ場所から出てきたので、居ついてるやつとは思うけど、釣友が掛けたのと同じヤツかどうかは判らない。
虹か山女魚か? バラしたので解らないまま。ただ、此処で、あまり赤い山女魚は、見かけない・・・。
と、色々考えながらも、気をとりなおし、今度は左岸側へ移動。

この日は、やる気のあるヤツが多くて、その後も好反応。
b0151286_10503249.jpg


昼過ぎには、満足してあがりました ^^。

帰りに、ばったりこの方と遭遇したのだけど、釣果はどうだったのかな?
b0151286_10515160.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-06-09 12:56 | FlyFishing&Item
2014年 06月 02日
Site Fishing
週末、以前から行ってみたかったところに、岩魚釣りに行ってみました。
この日は、軽く30℃越え。下界はかなり暑かったですが、標高1,000メートルを超えた辺りからの自然林の中は、快適でした ^^。
b0151286_1115216.jpg


入渓地点から、虫は多く、暫く眺めているとライズもチラホラ。
浅い流れの岩の横に着いてた一匹。
b0151286_1116140.jpg


可愛い岩魚 ^^。
b0151286_11264555.jpg


ちょっとしたプールには、岩魚、山女魚が混じりクルージンク゛してました。
結構大きな岩魚のライズの一発目をしくじったらそれっきりで、その後何食わぬ顔で、中層を悠々泳いでいました。

中々、サイズは上がらない~ ^^;
b0151286_11204343.jpg


同行者の釣った一匹。・・・これが、この日一番のサイズ。
b0151286_11211948.jpg


3人で入ったのだけど、其々が程々に岩魚、山女魚を釣りました。

その後、もう一寸下流に入りましたが、先ほど入った区間のように浮いてる魚が少なく、暫くして見つけた黒い影。
緩い流れの脇で、てっきり岩魚と思ってフライを流してみると、喰ってきたのは山女魚。
b0151286_11214447.jpg


岩魚ポイントっぽい所に着いてると、顔も丸くて岩魚っぽくなるの?^^。
b0151286_1123171.jpg



釣り始めが昼過ぎだったので、そう長い区間を釣ったわけではないけれど、そこそこ魚影は居ました。
始めに入ったところには、何匹か大きな影はみたけど、この日は残念ながら喰ってくれなかった。

また、行ってみたいところでした。
b0151286_1125196.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-06-02 12:54 | FlyFishing&Item
2014年 03月 27日
OKINAWAの旅 最後の晩餐編
宮古島から本島へ戻った夜は、那覇市内のとある場所にある「 隠れ家風ビストロ Coco Romance(興味ある人はgoogleで検索してみて下さい。) 」という所で、夕食会。

見た目凄くボロい民家 ^^; ビルの谷間にひっそりと有ります。
b0151286_13391123.jpg


しかし、玄関の扉の向こうは、お洒落な空間が広がっていました。外観とのギャップが凄い。・・・そういう狙いでしょうね。
b0151286_13385975.jpg
b0151286_13395887.jpg


コース料理でしたが、どれも美味しくいただきました ^^。
b0151286_13402444.jpg

b0151286_13404664.jpg

b0151286_1341967.jpg

ビール、ワイン、泡盛等々、この夜は、結構飲んだなぁ ^^;
b0151286_13411244.jpg


翌日は、都合で福岡経由で帰らなければならなく、5時過ぎには空港へ向いました。
まだまだ外は暗い。
b0151286_13423021.jpg


空港は売店もまだ開店準備中、人も疎らで寂しいターミナル。
b0151286_1343074.jpg

[PR]

by yone-photo | 2014-03-27 19:25 | 日常
2014年 03月 26日
OKINAWAの旅 宮古島編3
東平安名岬から、のどかな田舎道を海岸に沿って北上して、比嘉ロードパークで休憩。
ここも、断崖から絶景が広がります。
b0151286_13284025.jpg


ずっと車に揺られ、昼も過ぎていたので、街中に戻りドライブインでランチ。
宮古そばを堪能。ソーキ、テビチ、野菜炒めと、具がてんこ盛りのチャンポンみたいなソバでした。
b0151286_13304969.jpg


他にも、ゴーヤチャンプル、蛸のスミ炒め、テビチの煮付け等々、郷土料理オンパレードでオーダーしたら、
食べきれないぐらいの量で、お腹がはちきれそうになりました^^;
・・・沖縄の郷土料理は、ダメな人多いと思います。自分は殆ど大丈夫だけど、山羊汁だけはNG ^^;

ハイビスカスは、そこらじゅうに咲いてますが、自生してるのかな?
b0151286_13303892.jpg


その後、車に揺られて眠くなりながら向かった先は、池間島。
b0151286_13311422.jpg

島に掛かる橋の上から見た海の鮮やかさに、眠気が吹き飛びました。
東の沖に、大神島という離島が見えます。
ここで海面を眺めていたら、1メートルは優に超えていそうな、ダツを見つけました。

池間島から、渡ってきた橋を望む。
b0151286_13312539.jpg


ここのビーチがまたとんでもなく綺麗。正にパラダイスビーチ。
このショアで、ロッド振りたい人いるでしょ。ガーラ(オニヒラ)釣れるらしいよ ^^。
b0151286_1332911.jpg


きめの細かい砂と、珊瑚の欠片で白く輝く砂浜。
b0151286_13322590.jpg


この後、また宮古島本島に引き返し、また凄いビーチに行きました。
駐車場で、貸ビーチサンダル無料の看板がありましたが、特別気にも留めず進んだ道の先には、砂の山。
その名も砂山ビーチ。
b0151286_1334957.jpg

b0151286_1334777.jpg


此処も絶景! 正にパラダイスビーチ(またかよ)。
ここは、サーフポイントらしく、先の方に波待ちのサーファーがチラホラ。・・・波待ちだけでも気持ちよさそう。
b0151286_13344029.jpg


戻りは、さっきの砂の丘(山だな)を登るのだけど、ここでビーチサンダル貸出の意味が分かった。周りのスニーカーや革靴の人(自分も含めて)は、きめの細かい砂に足が埋もれて、中に砂は入るはでとても歩き辛い。
・・・借りときゃ良かった ^^;
b0151286_13354456.jpg


宮古島は、他にも色々廻って写真に収めましたが、帰ってきて見ると殆ど海の写真。
まぁ、それだけ綺麗な海が印象に残ったのでしょうけど、宮古島編はこのぐらいにしておきます ^^。
[PR]

by yone-photo | 2014-03-26 18:03 | 日常
2014年 03月 20日
OKINAWAの旅 宮古島編
翌日、早朝に離島便で宮古島へ渡りました。
・・・離島便も今やジェットと聞いていたのに、時間帯で違うみたいで、早朝一便目はプロペラ機。久しぶりに聞く「ブオンブオン」とノイズ。・・・自分はあれがどうも耳障りで眠れない。

50分程で宮古空港へ到着。
宮古島全景図
b0151286_14141727.jpg


そこから、大型ワゴンタクシーで、先ずは与那覇前浜へ。
b0151286_14134865.jpg

白い砂、エメラルドブルーの海・・・まさにパラダイス。
・・・こんな所で、ビーチチェアに座って、ビールでも飲みながらボォーとして過ごしたい。

此処の近くから掛かる来間大橋(日本一長い農道橋?!)を渡って、対岸の来間島へ・・・。
b0151286_1415465.jpg


展望所へ上がり・・・
b0151286_14151746.jpg


ここから、先ほどのビーチ(宮古島)側を見渡す。
宮古島はサンゴ礁が隆起して出来た島らしく、山も川もなく、殆どフラットな台地。雨水が土・砂・サンゴと濾過され地下に溜まるので、山も川も無くとも水は豊富らしいです。
b0151286_14163855.jpg


展望所下の南の島らしい茶店で
b0151286_1416587.jpg


パイナップルを食べる。100円!
みずみずしくて甘い ^^。
b0151286_1418986.jpg


この後、宮古島側へ戻り、2.30分ほど移動して、うえのドイツ村へ・・・。
何でドイツ?は、ウィキペディアで調べてください。・・・感動の物語が待っています(笑)。

宮古島に来て、ベルリンの壁を見るとは思わなかったよ。まさに珍百景 ^^。
b0151286_1418379.jpg

続く・・・
[PR]

by yone-photo | 2014-03-20 08:11 | 日常