人気ブログランキング |
2008年 11月 27日
漂う雰囲気
山鹿の街を散策しました。

大通りから少しはずれた場所には、京都の町屋造りを思わせるような家屋が軒を連ねている。

聞いたことある話では、昔(多分大昔ね)間口の大きさで税金が決められていて、少しでも課税

を抑えようと、その為間口の狭い奥に長い家屋が増えたらしい。正しく、「うなぎの寝床」的造り

だけど、味のある家屋です(そういう所、今回撮ってなかったな)。

b0151286_1648046.jpg


造り酒屋の建物に、どこか懐かしさを感じる。

・・・漂う雰囲気は、「昭和初期」。

子供の頃は、まだまだこういう建物が沢山残っていたような・・・だから、そう感じるのだろうけど

ね。

b0151286_16482676.jpg
b0151286_16484018.jpg


by yone-photo | 2008-11-27 16:40 | 日常


<< 廃墟      Waterside Life >>